1.通信販売でこれだけは知っておこう

通信販売で商品を購入した際の、商品代金の支払い方法にはいろいろ有ります。
以上で紹介したのは、通信販売で販売された商品が比較的低額の商品であったという場合です。もし通信販売で販売されたものが、例えばパソコン等の高額な商品の場合でしたら、また異なってきます。その場合は代金支払いについてまた異なってきます。例えば消費者が通信販売を通じて高額の商品を購入した場合、もしそこでクレジットカードを使わないで支払いをしようという場合には、通常の場合事前の前払いがほとんどです。とはいえ、そうした形態ですとそれはそれで問題を抱えることになります。この場合、通信販売で商品を購入しようとする側は、一定のリスクを負うことになります。皆さんはここで発生するリスクが一体何を指すかお分かりですか。ここで発生するリスクとはこういうことです。即ち万が一この場合で通信販売の販売者が倒産してしまった場合、危険が大きくなっています。消費者が先に商品の代金を支払ったにも関わらず、販売者が倒産してしまい、既に商品の代金を支払った消費者が商品を受け取れなくなってしまった、ということです。このように消費者にとって非常に懸念される事態が、過去に実際に発生したことも有ります。例えば過去には通販でパソコンを販売するパソコン販売店が倒産してしまい、その際パソコンの通信販売で10万円以上もの代金を一括前払いで注文をしたという消費者が、その販売店の倒産によって商品を手にできなくなってしまったという被害を受けた例が、幾つか有りました。この場合、高額の金額を払ったにも関わらず肝心の商品を受け取ることができなくなってしまい、これでは大金を溝に捨てたのと同じようなことになってしまいます。従って通信販売と言っても決して100%安心、というわけでは有りません。たとえテレビやラジオ、及びインターネット等で大々的に宣伝をしている通信販売業者でも、はたまた大手の通信販売業者であっても、可能性としては倒産してしまうことだって有るのです。従って通信販売を利用する際には、くれぐれも注意が必要なのです。
ところで通信販売を規定した法律が有ります。通信販売に関しては、このような様々な法律が関わってきます。皆さんは通信販売と法律に関して御存知でしょうか。この通信販売については、例を挙げれば不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)等の所謂商取引に関する一般的な法律が適用されます。またこれらの法律以外にも、特定商取引法の適用を受けており、通信販売を行なう際には当該商品や価格だけに限らず、通信販売の販売業者等の各種情報の表示が法律によって規定されています。通信販売を行なう業者は、規定に基づいて必要な情報を消費者に対 して明示しなければなりません。

このように通信販売は法律の規制を受けています。よく通信販売は訪問販売と同じようなものと理解されることもあるようです。但し通信販売の場合、所謂訪問販売とは異なるところも有ります。皆さんは通信販売と訪問販売の違いを御存知でしょうか。その答えはこの後でお話します。


>>パソコン購入するなら「TSUKUMO」

おすすめWEBサイト 5選

少人数制でアットホームな雰囲気の中楽しくワイワイ宮古島ダイビングを満喫しましょう!

宮古島体験ダイビング|マリンハウスHOLO-HOLO

分電盤を激安価格で販売提供いたします!

分電盤

ネクタイをオリジナル作成

伊豆の不動産情報

表参道 美容室 隠れ家

表参道の隠れ家美容室でカット

2014/9/11 更新